※記事および画像の複製・転記・転売は禁止されています。
FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.08.28 (Tue)

夏休みの研修会②

さて、
昨日は、個性とは何か?でしたが、
今回は日本は歴史的に、
「一人ひとりが違うということが大事!という意識を持つことができなかった」というお話です。

ではなぜ、
日本は一人ひとりが違うことが大事という意識を持てなかったのでしょうか??

それは、江戸時代の村八分からきているそうです。
何かを決めるときには、全員一致するまで徹底的に話し合いをして、
みんなと協力し、和を保つ、ということが良しとされていたようです。

和を乱す者は追い出して、、
全員が一致することが最高の哲学とされていたのですね。

違いを協調するのではなく、
全員一致という伝統文化でずっと日本はきたので、
個性が大事!という意識は芽生えづらかったようです!

ただ、
当時の人たちは、
個性がなかったのか?というと、
そうではなく、
むしろ個性の強い人たちが多かったそうです。
その個性の強かった人たちが、
じっくり時間をかけて意見を言い合い、
一つに決めていった村八分。
それは決して人を丸くする仕組みではなく、
個性的な人が育ったようです。

教育の歴史を振り返ってみることで、
見えてくることがたくさんあります!

今日のところはここまでです。

kuni☆(*^^)v
01:28  |  研修・研究  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.08.26 (Sun)

夏休み中の研修会

いよいよ明日から夏期保育が始まり、
来週からは2学期が始まります。
この夏休み中、
さまざまな研修会に行ってきました。

・ワンダーサマーセミナー「ひろみち&たにぞうの元気がでる運動会!」
・全日本私立幼稚園連合会関東地区教員研修
・カール・オルフの音楽教育夏期セミナー
・「身体知研究」夏期集中講義
・子どもと保育実践研究会 夏期全国大会
・りんごの木 夏期セミナー
そして、
光幼稚園でも園内研修を行いました。
いろいろな研修会に行き、大変勉強になりました。
私自身2学期からの保育が楽しみになっております(^^)

りんごの木という保育施設の夏期セミナーで、
汐見稔幸先生の講演があったのですが、
これから数回にわけて、内容をお伝えしますね。
まず、汐見先生は、
東京大学名誉教授、白梅学園大学学長をされてる先生で、
専門は教育学、教育人間学、育児学です。
育児学や保育学を総合的な人間学と考えていらっしゃるようで、
著書もたくさんあります。

その汐見先生の講演会のテーマは、

「ー日本で個性教育はできないのかー」でした。

これはとても深い内容の話でした。
まず最初に、
「個性って何だか答えられますか?」
という問いから始まりました。
個性ってなんでしょう??

辞書を調べてみると、
「個人または個体・個物に備わった、そのもの特有の性質。個人性。パーソナリティー」
と載っていますが、汐見先生は、

「その子らしさをその子の特徴として捉える」

とおっしゃっていました。

その個性教育についてのお話だったのですが、
次回以降詳しい内容に入っていきたいと思います(^^)

kuni☆(*^^)v
23:21  |  研修・研究  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.08.12 (Sun)

研修会報告

8月2,3日、全日本私立幼稚園連合会の関東地区教員研修会が横浜で開催されました。
関東地区というのは群馬、千葉、埼玉、茨木、栃木に山梨、新潟、そして神奈川の8県で
毎年持ち回りで開催されます。神奈川で開催される時は横浜市で開催されますので
横浜市幼稚園協会に属している園は協力して参加します。
今年のテーマ
「広く、深く、ていねいに保育の質を考える~心が響きあう幼稚園教育を~」
このテーマの基づき25のフォーラムが企画されました。

1日目はパシフィコ横浜の大ホールで全体会があり、開会式に引き続き
記念コンサートがありました。

みなとみらい、桜木町駅の各ポイントにはお揃いのポロシャツを着た案内の係の
先生が立ち、関東各地から集まってくる参加者にパシフィコ横浜まで無事にたどり着くよう
道案内をしていました。うちからも港北区の割り当てで男性保育者が歩く歩道前で道案内に出ました。
偶然見かけた方はいませんか?
他の先生たちも全員参加したのですが、案内の方がいたおかげで、広い会場に
たどり着けてよかったです。

横浜の教研大会では2千人の参加ですが、今回は3千人以上が集まったわけですから
その規模の大きさ、人の多さにはじめはびっくりしてしまいました。
横浜にようこそ!という気持ちでお迎えする立場なのだと分かり、又幼稚園の仲間として、
これからの幼児教育を一緒にがんばりましょう!という同士だという
心強さも感じることができました。
       s-24年8月2日関東ブロック全体会 001
全然見えない写真でスミマセン!会長が挨拶しています。こんな遠~くに見えるほど
大きい会場でした!

「神奈川フィルハーモニー管弦楽団と遊ぶ」というテーマのコンサートは
どんな展開ですすめるのかとても興味があったのですが、
声で参加したり、指揮者として参加したり、一緒に踊ったりとバラエティに富んだ演出で
とても楽しめました。2部では各自持っていった楽器で一緒に演奏に参加、
最後にバレエ「くるみ割り人形」を解説付きで聞くことが出来てとても楽しい時間を
過ごすことができました。子どもたちと音楽で遊ぶヒントが沢山ありました。

        
2日目は公開保育のフォーラムに参加します。
又次回報告しますね!

夏休みで暇?ではなく、なにかと忙しい毎日!!
報告が後手後手になってしまいますが
時間を見つけて報告しますので
時々覗いてみてくださいね!

☆Yoko☆


11:49  |  研修・研究  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.07.28 (Sat)

ワンダー サマースクール

27日世界文化社さんの、
「ワンダーサマースクール」という、
保育者向けの講習会に行ってきました。
会場には1000人集まり、
九州や東北など遠方からいらしてる方も。

実技の講師は、
佐藤弘道さんと遊び歌作家のたにぞうさんでした。

ダンスや歌、絵本の紹介コーナーなど、
盛りだくさんの内容で、
笑いあり、感動ありのあっという間の90分間でした\(^O^)/

子どもたちと楽しめそうなダンスがあったので、
2学期みんなでやってみたいと思います(^^)

終了後ご挨拶に伺い、1枚パチリ

s-DSC02970.jpg

弘道さんたにぞうさんありがとうございました!

kuni☆(*^^)v
11:46  |  研修・研究  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.07.26 (Thu)

心肺蘇生法講習会

7月19日(木)心肺蘇生法の講習会がありました
講師は卒園生のお父様でボランティアで
日本赤十字社の指導者をしていらっしゃいます。
毎年お願いして講習を受けてもいざという時にはなかなかできないのではないかと
ドキドキしてしまいます。
でも知っているのと知らないのとでは、命を救えるかどうかにかかっているのですから
繰り返ししっかり講習を受けて、直ぐに行動できるように覚えたいと思います。

お母様方はとても熱心にお話を聞き、どのタイミングで119番を呼ぶかなど
混乱しそうなところを丁寧に教えていただきました。

s-IMG_1386.jpg     s-IMG_1384.jpg

説明を聞いてから、そぞれのダミー人形で実地の練習をします。
s-IMG_1387.jpg     s-IMG_1388.jpg

子どもと大人では違いがありますが、基本的には30回心臓マッサージをして、
2回人口呼吸をするというパターンを覚えれば良いというシンプルなものに
切り替わってきているようです。子どもの場合は2分間の心臓マッサージと
人口呼吸をしたあとに119番をするように、大人は直ぐに119番するそうです。

              s-IMG_1389.jpg

喉に何かを詰まらせた時の処置やAEDの使用の手順も見せてくださいました。
ダミー人形の手配をして下さり、毎年いらしていただけるので本当に
ありがたく思います。心からお礼申し上げます。

☆Yoko☆
23:11  |  研修・研究  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT