※記事および画像の複製・転記・転売は禁止されています。
FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.02.27 (Sat)

楽しかった音楽会 ②

こぐもちゃんと秘密の森  年中もも組

レインボーマーチという歌が大好きになったもも組の子どもたちが
可愛い7人の小人が出てくる絵本「7にんのこぐも」と出会いました。
こぐもちゃんと色を盗むさるっきーの間で繰り広げられるやり取りを
想像の世界を超えて、真剣に向かい合って楽しんできました。
クラスみんなで力を合わせ、一人ひとり、自分のやってみたいことを
実現しながら取り組んでいる姿はエネルギッシュで生き生きとしていました。

当日はさるっきーから色を取り戻すために秘密の森に向かいます。
s-IMG_1469.jpg
あかぐもちゃんを呼んで、いまからひみつの森に「いってきます!」
s-IMG_1472.jpg
動く幽霊屋敷の前は悪者のふりをして通り過ぎれば大丈夫!
子どもたちが選んだ悪者は・・・・
おばけ、魔法使い、唐笠お化け、怪獣、ガイコツ、カラス、泥棒、おに
s-IMG_1474.jpg
さるっきーから色を取り戻そう!リズムの得意な子どもたちは
リズムのまねっこに挑戦!見事取り戻すことが出来ました。
s-IMG_1477.jpg
プレゼントの色を取り戻すために素敵な演奏が必要なんだ!
トルコ行進曲の合奏、頑張ってね!
s-IMG_1482.jpg
みんなのプレゼントの色が戻ったよ!
最後に大好きなレインボーマーチを歌おう!
満足そうな良い表情でのびのびとうたっていました。
s-IMG_1486.jpg

大きな公会堂の舞台でもいつもと同じように元気に楽しんでいました。
動く幽霊屋敷を通る時の子どもたちの真剣さはほほえましい限りで
お客様も温かい眼差しで応援してくださいました!
自分で選んだことを一生懸命やった達成感にあふれていました!

次回は年長すみれ組の紹介します!

☆Yoko☆
00:13  |  イベントレポート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.02.19 (Fri)

楽しかった音楽会!

2月11日(木) 恒例の音楽会がありました。

子どもたちが楽しみにしていた音楽会です。
お天気のも恵まれてたくさんのお客様が来てくださいました。
日吉台光幼稚園の音楽会は普通に曲を演奏するのではなく、
子どもの遊びの世界、想像・創造の世界を生かし、子どもたちと創り上げる
音楽会です。むしろ、表現発表会という名前の方がよいのだと思いますが
音を楽しみ、歌やリズム、楽器が大好きな子どもたちを育てたいという思いから
音楽会という名前にしています。造形的な表現活動も織り交ぜて行って
いますので始めてご覧になった方は驚くようです。
また、港北公会堂という大きな公会堂の舞台でも、子どもたちがリラックスして、
いつもの保育室と同じように楽しんで表現していることにも驚かれます。
ごっこ遊びで子どもたちにせがまれて悪者役になるように音楽会でも保育者が
一緒に参加していることも一つの要因ではないかと思います。
子どもたちの様子を写真でご紹介しますね。
ちょっと小さいのでその楽しさが伝われば良いのですが・・・・!
初めの言葉 年長組園児
s-IMG_1421.jpg     
園児の部
プログラム1 めざせ宇宙NO1    縦割りグループ 

宇宙人のピポロちゃんのために地球の紹介をしました。
3・4・5歳児がペアになって
地球にある、動物や植物、乗り物や食べ物、海の生き物の
絵を協力して描きました。
そして一緒に自分たちの描いた絵を見せながら、リズムに合わせて描いたものを
紹介します。年少さんはリズムに合わせてタイミングよく言うのは
難しいのですが、年長さんが上手にリードしてくれるので大丈夫です。
頼りになります。

縦割りスタート    
縦割り2
s-IMG_1436.jpg
最後にみんなの描いた地球が現れました。宇宙の星の中でナンバー1に選ばれました。
地球
2 ねずみくんのチョッキ        年少組
     森のパレードの巻
子どもたちが大好きなねずみ君がパレードにでるための
洋服がいたずらなペンギンのペンタに盗まれてしまいました。
ひよこ組の子どもたちが取り返しに出かけます。
子どもたちは動物に変身してペンタが住んでいる森に出かけます。
s-IMG_1453.jpg
ぶたこうもりが出て来たときは木に変身!
s-IMG_1454.jpg
ペンタとまねっこ対決だ!
s-IMG_1462.jpg
まねっこ対決で勝ったよ!一緒にパレードをしよう!パレードの歌素敵でしたよ!
s-IMG_1466.jpg
ひよこさんの様子写真が小さくてわかりづらいですね!
実際は舞台の上でもいつものように元気に歌ったり、まねっこをしたり、音を聞いて動いたりすることが
出来ました。ニコニコと楽しく出来て良かったですね!

次回は年中組を紹介します。

☆Yoko☆


11:33  |  イベントレポート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.03.03 (Tue)

音楽会パート4

第2部 回転木馬座(お母様のリズム倶楽部)

お母様方のリズム倶楽部はひと月に1回、音楽好きな方が降園前の1時間集まって
練習し、1学期に1回子どもたちに聞かせています。
このところ、ストーリー仕立てにしてお母様方も演奏だけではなくイラスト・シナリオ・演じる人に
なって活躍してくださっています。

今年もかわいいお話が出来上がりました。

小人が住んでいるといわれている森に遊びにきた3人の子どもたちが、
古いバスを見つけて、乗り込みます。
でもバスは動きません。
そこで、小人に直してほしいと頼みます。
小人だけでは時間がかかるので、お母さんたちに魔法の呪文をお願いします。
見事直った水色のバスに乗って、出発です!

s-IMG_4821.jpg     s-IMG_4823.jpg

ボディーパーカッションもかっこよく決め、オブラディオブラダの曲に合わせて
バスが走り始めると子どもたちも一緒に歌い、手を叩いて、楽しそうです。
終わったとたんにアンコール!アンコール!

ボディーパーカッションは覚えてみれば簡単にできるようになりましたが、
ちょっと大変でした。皆さんかっこよく出来て、
ホットした晴れやかな顔をしていらっしゃいました。
子どもたちもカールオルフの教育用楽器で演奏するお母さんたちを
興味津々、私たちもできるかしら?という気持ちで
見ていました。
お母様方が楽しそうに取り組んでいる姿は子どもたちに大きな影響を与えます。
音楽って楽しい!気持ちがウキウキしてくる!
練習すればできるようになるんだ!
そんなことを子どもたちに伝えています。
お母さんたちも子どもたちのよき理解者になって、ドキドキしながらも
やり終えた達成感、充実感を味わえたのではないでしょうか?
お母様方ありがとうございました!

☆Yoko☆


01:45  |  イベントレポート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.27 (Fri)

音楽会パート3 

プログラム4  へんてこもりにいこうよ! 大好きなまるぼ、待っててね    年長組


子どもたちが大好きになった「へんてこ森にいこうよ!」という本から発展した
お話です。高楼 方子(たかどの ほうこ)さんの書かれたこのお話は本当に奇想天外で
子どもたちはその魅力に吸い込まれるように夢中になっていきました。
そこに出てくる登場人物の面白いこと!わくわくドキドキしながら自分たち独自のお話が出来てきました。
一番困ることは子どもたちは楽しいのですが、初めて見る大人はなにがなんだかわからないお話に
なってしまうので、わかるように説明をしながら見ていただきました。
ヘンテコもりの一番の人気者はまるぼです。でもこの頃姿をみせていません。

ヘンテコもりの仲間を呼ぶために「お茶を飲みにきてください」の遊びをしていると
「ぼさこー」が出てきました。やっぱりまるぼがいないみたいです。 
みんなで探しに行ってあげることにしました。へんてこもりにはいっていくと人食い花がいます。
人食い花を眠らせてもらうためにチョウチョの妖精マリーポポを呼んで眠らせてもらうことにしました。       
s-IMG_4798.jpg     s-IMG_4804.jpg
s-IMG_4806.jpg     s-IMG_4807.jpg
眠った人食い花の口の中から地図を取り出し、その地図をみながらぼさこーから借りた
ボサコーカーに乗って出かけます。どうやら、あたたかいものが大嫌いな悪者につかまっているようです。
温かいお茶を入れるマルボ・・・そうそう、マルボはやかんの生き物だったのです。
その悪者は洞穴の中に住んでいるようです。
地図を頼りに音を聴きながら洞穴の中に進んでいきます。
氷御殿に着くと「氷もんざえもん」がマルボを捕まえていました。
マルボをとりもどすためには「氷もんざえもん」と勝負をしなければなりません。
s-IMG_4810.jpg      s-IMG_4811.jpg
逆さ言葉で対決です。
「つたこ」と氷もんざえもんが言ったら、「こたつ」と答えれば、暖かくなります。
氷もんざえもんは温かい言葉を反対にして、冷たくしているのです。
でも子どもたちは全部反対言葉を戻すことが出来ました。
「ナウサ」は「サウナ」「ジンレシンデ」は「デンシレンジ」です。
s-IMG_4813.jpg     s-IMG_4815.jpg

そして見事「、氷もんざえもん」に勝ちマルボを返してもらいます。
でもマルボはカチカチに凍っています。マリーポポに聞いたおまじないの曲で
温めます。「ママリエ」「ジンボーガーベーナ」と踊りながら凍ったマルボにエネルギーを
吹きかけるとマルボはもとに戻りました。
そして、お祝いに「虹の向こう」を歌って終わりました。
s-IMG_4819.jpg
最後の曲はさすがに年長組!素敵な歌声に感動した方がたくさんいたようです。
素晴らしい感想を寄せてくださいました。
子どもたちは楽しみにながらも両親やお客様に見てもらいたいという気持ちを持って、
堂々と表現していました。その成長した姿にまた涙、涙でした。
本当にもうすぐ卒園!を実感した日でもありました。


次は、お母様方のリズムクラブです。

☆Yoko☆
22:50  |  イベントレポート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.23 (Mon)

音楽会パート2

プログラム3 カイくんのたまごがなくなった!     年中組
         くいしんぼからとり戻そう

「こんな怪獣みたことない!」という絵本に出てくるカイくん
怪獣ごっこが好きな子どもたちはカイ君のタマゴがなくなったと聞いて
なんとかしてあげなきゃ!と身を乗り出しました。
怪獣は砂漠に住んでいると聞いて砂漠を調べ始めた子どもたち。
砂漠にはラクダがいる、サソリもいるし、ピラミッドやオアシスもある等・・
そして、「くいしんぼ」というちょっと間抜けな怪獣が食べたのかもしれないと
予想して、砂漠に出かけ、タマゴを取り戻します。
s-IMG_4772.jpg     s-IMG_4774.jpg

くいしんぼの用心棒はサソリ。
サソリの苦手なカスタネットの音。みんながカスタネットのマーチでやっつけます。
そして、「くいしんぼ」と出会って、おいしいごちそうをプレゼント。
言葉のリズムで美味しいごちそうをプレゼントするたびにおなかが膨れて
チャックが開いてタマゴが飛び出してきました。でも元気がないタマゴのために
元気になる合奏をすると・・・・
たまごが割れて、赤ちゃんが生まれます。
言葉で書くと???なお話ですが、子どもたちの想像の世界ではハラハラドキドキ!、
楽しい毎日でした。みんなでカラフルなカイ君のタマゴを描いてみたり、
物知りの村長さんに会いに行ったり、この世界と歌や合奏を楽しんで過ごしました。
s-IMG_4783.jpg     s-IMG_4784.jpg
s-IMG_4786.jpg     s-IMG_4790.jpg

最後にみんなの好きな怪獣のバラードを歌って終わりました。
           s-IMG_4792.jpg

ひよこさんと1歳違いですが、音楽会でお母さんやお父さんに見てもらいたい
気持ちとしっかりやろうという気持ちがあふれているのが感じられました。
ずいぶん大きくなりましたね!

次回はいよいよ年長組のプログラムを紹介します。

☆Yoko☆
00:27  |  イベントレポート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT