※記事および画像の複製・転記・転売は禁止されています。
FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.08.15 (Mon)

動き・ダンスの授業 報告⑤

小学校の交流の後、
楽しみにしていた動きの授業がありました。

オースターターク先生の授業は毎回受けているのですが、
自分の身体を自覚し、自分が呼吸するように自然体で動くことができるのです。

動きの3要素 

空間(前後、上下等方向) 時間(早い遅いなど)ダイナミック(強弱・重い軽いなど)

を変えることで,様々な動きのバリエーションが生まれます。

形を覚えて、作品を練習するのではなく、動くことがとても楽しく、
自分なりに考え、いろいろと試してみたり、周りの人たちから
刺激を受け、アイディアのヒントをいただいて身体を動かします。

CDの音楽や打楽器の音を聞きながら、時には声を出しながら、
動き、それをダンスに発展させることもあります。

毎回、これが動きを引き出すのか!と思う発見があります。
例えば、息をゆっくり吐く、強く吐くことから動きが生まれます。
また動きを見ながら、声が出したり、動いている人を見て
声を出したり・・・・
それぞれの人の身体の中から湧き出る表現する力をひきだす
オースターターク先生の指導力はすばらしいと感心してしまいます。

正直、自分ではなかなか出来ないのですが、
保育者がとてもシンプルなモチーフで動くことの楽しさを知り、
子どもの発想を生かしてそれを発展させたり、まとめたりすることが
出来ると、動くことが大好きな子どものエネルギーを表現する力へと導く
ことが出来ますよね!

今年は、新人の先生たちが動くことが得意なので、
伝えて、是非幼稚園でも生かしていきたいと思います。

古典的なダンスも楽しみました。子どもたちはダンスも大好きなので
子どもたちと楽しみたいと思います。

s-オースターターク先生と  s-IMG_1375.jpg
オースターターク先生と        レストランで先生を囲んでランチ

☆Yoko☆
23:28  |  オルフ研修♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hikarikdblog.blog134.fc2.com/tb.php/207-e048451d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |