※記事および画像の複製・転記・転売は禁止されています。
FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.08.21 (Sun)

被災地へ行ってきました。

先週10日と11日に横浜市幼稚園協会の
「災害被災地復興支援プロジェクト」に参加してきました。

宮城県私立幼稚園連合会や
仙台市を中心とした、
被災にあった幼稚園や避難所へ、
幼稚園バス、
絵本、
紙芝居、
砂場セット、
カルタ、
シャボン玉等々を
届けてきました。

そして、東松島市にある幼稚園の園長先生に
お話を伺いました。
当日,
園舎の2階の膝下まで津波がきたそうです。
2回目のバスの運行中で、
預かりの子どもを5人、
違うバスに乗せて、
津波にも追われながら逃げたそうです。
近くの小学校が避難場所になっていたそうですが、
そこへ行く車が渋滞してしまい、
車に乗ったまま流された車があったそうです。

園舎は解体待ち状態なのですが、
被災後に園庭にプレハブを建てようとしたら、
危険区域に指定されてしまい、
許可がおりなかったそうです。
今は、
違う地域の企業の託児所のようなところを借りて、
東京の保育園から借りたバスで、
1時間半かけて仮設住宅をまわり、
保育をしているそうです。

避難所になっている、
小野市民センターにも行きました。
絵本の入った段ボールを持って、
入口から入っていくと、
一人の小学生の男の子が、
「なにがはいってるのー??」
と近寄ってきたので
「絵本とか紙芝居だよ」
と言って、絵本を渡すと、
「うわぁ!絵本だぁー!!」
と言って、とても嬉しそうにイスに座って読み出しました。
絵本を手に取った瞬間の、
男の子の表情は忘れられません。
涙が出ました。

「災害被災地復興支援プロジェクト」は、
ブームで終わるのではなく、
継続していくプロジェクトです。
私たちにできることは微力かもしれませんし、
限りがあるかもしれません。
でも、
今回被災地に実際足を運んだことによって、
いろいろなことを感じました。
これからも、
私たちができることをやっていきたいと思います。

kuni
02:10  |  研修・研究  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hikarikdblog.blog134.fc2.com/tb.php/211-0ac6d9a6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |