※記事および画像の複製・転記・転売は禁止されています。
FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.09.16 (Sun)

夏休み研修 最終回

さて、
今回が最終回になりますが、
汐見先生は最後にこうおっしゃいました。

今の子どもたちがどこで働くようになるか…、
それはアジアになる。
そういう時代に今後なっていく。
違う文化で生活、仕事をしていくようになっていくであろう。
違うってことを嫌!って思う感性だとやりづらい。
おもしろがらないとやりづらい。

そして、
子どもの一人ひとりの違いをおもしろい子ね!と思えるようにならないといけない。
幼児期にわがままな子はいない。
それは自己主張の強い子である…と。

日本で個性教育はできないのかというテーマでのお話でしたが、
とても勉強になり、考えさせられました。
職員でも共有しました。

たしかに日本の幼稚園は集団で動くことが多いです。
ヨーロッパの幼稚園では1クラス15人以下という決まりがあります。
でもだからといって、
日本でできないとは決して思いません。
私たちは、各クラス二人担任で毎日子どもたちと生活していますが、
この夏、個性を大事にするということを改めて考え直し、
2学期を迎え保育しています。

納豆と豆腐のたとえ話がありますが、
大豆を全部潰して、見た目もきれいにみんな同じにしてしまい、
粒が残っていたら弾いてしまう豆腐のようではなく、
大豆一つひとつを潰すことなく、粘り気を出し、
互いに引き合いながら熟成して良いものになっていく納豆のような保育、
子どもたち一人ひとりの存在を潰すことなく、
大事に、認めていく保育をしていきたいと思います。

夏休みがあけ、2学期が始まり2週間がたちましたが、
子どもたちの成長が随所に見られます。
これから運動会に向けての活動も始まります。
いろいろな子どもたちの姿が見られると思います。
その中で、
この夏に勉強したことを生かせるよう、
職員全員で子どもたちと過ごしていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします!

kuni☆(*^^)v
13:22  |  研修・研究  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hikarikdblog.blog134.fc2.com/tb.php/422-6375f21b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |