※記事および画像の複製・転記・転売は禁止されています。
FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.10.27 (Sun)

人形劇団「ひぽぽたあむ」

23日(水)人形劇団「ひぽぽたあむ」の公演がありました!
去年も来ていただいたのを子どもたちが覚えていて、楽しみにしていました。
今回は「チップとチョコ」という犬のきょうだいのお話です。

s-IMG_0147.jpg     s-IMG_0146.jpg

なにげない日常に良くあるようなお話ですが、子どもたちがよ~くみていて、
こんなところがそんなにおもしろいの?というところで良く笑って嬉しそうでした。
ちいさな妹の「チョコ」が黄色のマフラーをうらやましがって取り替えて
と頼んだと思ったらまた赤が良かった!というところなど、
その気持ちも分かるけどだめだよ!という思いを持って見ているようでした。
「おつかい」に行って、いちごを持って帰る時、チョコが一つ食べてしまい
どんどん2人で食べてしまうシーンでは子どもたちがみんな立ちあがって
食べちゃだめ!!と言い続けました。子どもたちはどうしたらいいか、みんな
良く分かっているのです。でもそうしてしまう気持ちも良く分かる!
そういう子どもたちの感性を信じてあげる事が大事だと代表の永野むつみさんは
言います。主人公のせつない気持ちや寂しい気持ちなど分かるからこそ
落ち着かなくなったり、おしゃべりをし始めたりするそうです。
2才の子どもたちでも、良く感じていて、お膝の上での体重のかけ方が
変わるそうです。その気持ちをしっかり受けとめて、共感してみてあげてね!
と弟妹を連れて見にいらしたお母様方にはなしていました。
私たちも子どもたちの表情を見ているのがとても楽しかったです。

終わってから、一人一人に握手をしてくださいました。
みんな気持ちがほっこりして、満足した気持ちで帰ることが出来ました。
s-IMG_0150.jpg     s-IMG_0151.jpg
s-IMG_0156.jpg     s-IMG_0153.jpg

終わってから永野むつみさんからいただいたメールです。

日吉台光幼稚園のみなみなさま
ほんとに今回も素敵な出会いで
日頃の、伸びやかな子どもたちの生活ぶりがしのばれて
私たちも心がほかほかしました。
幼稚園という、彼らが多分初めて参加する集団が
豊かで、安心できる場であったらどんなにか素敵なことです。
将来、何かつらいことに出逢っても
立ち戻れる「安心な場」をこころに持つことになるからです。
園長先生をはじめとして、
泣いたり笑ったり、間違えたり踏み込みすぎたりもしながら
子どもたちと本気で付き合っている姿が
感動的です。いち大人として本当にうれしいことです。
ありがとう。
小さな人たちは私たちみんなの未来ですもの!

☆Yoko☆
 
21:55  |  イベントレポート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hikarikdblog.blog134.fc2.com/tb.php/560-6694e8de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |